フッ 化 水素 国産 化。 韓国部品でiPhone不良発生、やっぱりフッ化水素の国産化は困難?(ニュースイッチ)

韓国部品でiPhone不良発生、やっぱりフッ化水素の国産化は困難?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

LGは今回の件を公表していない。 999%まで道のり長かったねぇ で、次は実用化までの道のりだね 大抵続報無いんだけどさ• 原材料は日本製 同社が製造工程で使うのは、輸出管理の対象外である低純度フッ化水素を加工したエッチングガスだ。 こんばんは^^ 韓国がのに成功したって記事が流れましたが、蓋を開けて みると・・・とんでもない事実が判明しました! 実は成功したっていうのは、 ファイブナイン(99. 9999999999%)の仕上げ用。

(1)• (71)• 18 ID:pPAKTzM10コメディ政治道場76名前:匿名メッセージボタン日付:08. (五)• 実質45歳定年なんだろ、社員を大切にしろよチョーセンヂン。 取引先は減って損かもしれんけど、この先も韓国と付き合う事を考えるとむしろだいぶ得したんじゃないか? どうせ品質基準満たなくて自爆するだろうし。

韓国がフッ化水素の国産化に成功、日本依存脱却へ=韓国ネット歓喜

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

これに対して韓国のインターネットユーザーは、「なぜ日本から輸入するのですか?国内でフッ化水素をなんとか製造したそうです。 韓国の現状は『低純度のフッ化水素』でさえ、(採算性の問題から)日本からの輸入に頼っているのです。 「加工を韓国に切り替えたという意味では国産化だが、 原材料は日本製だ」と関係者は打ち明ける。

18
「LG Displayはフッ化水素の国内生産を100%完了しました。 日韓両政府は輸出管理をめぐる問題を議論する局長級の政策対話を16日に開き、24日を軸に日韓首脳会談の開催を調整している。

韓国がフッ化水素の国産化に成功、日本依存脱却へ=韓国ネット歓喜

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

規制強化以降で最大で、100万ドルを超えたのも半年ぶりのこと。

20
LGディスプレイは韓国での国産化に成功したというフッ化水素を使い、画面に縦じまが入る製品不良を発生させたという。 アイフォーンの有機ELパネルはこれまでサムスン電子が独占供給してきたが、19年9月発売の新モデルからLGもサプライヤーに加わっていた。

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

一方で、品質トラブルの原因は国産フッ化水素ではなく、反文在寅政権の保守系勢力による扇動を指摘する声もある。 日本の輸出管理強化から100日あまりでの発表に「日本依存からの脱皮」と歓迎する論調が相次いだが、真相はやや異なる。

11
彼らはそれが増加したと言います。 「日本からの輸入に大きく依存していた基礎半導体材料の日本からの撤退の結果は、具体的な数値によって確認された」と述べた。

フッ 化 水素 国産 化

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

だが元徴用工問題などで両政府の認識には大きな隔たりがあり、どこまで歩み寄れるかは予断を許さない。 昨年7月、日本政府は、半導体製造の主要材料であるフッ化水素、ポリイミド、フォトレジストの韓国への輸出制限を強化しました。 また「素材・部品・装備分野で日本依存脱却を目指す韓国の政府と企業をけん制する目的だ」との見方も強いという。

20
「品質、価格、納期。 (3)• 短期的には資産売却で転売できますが、徐々に日本は貧困化しています。

韓国はフッ化水素を国産化出来たというのは、本当なのですか?

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

10月15日、韓国メディアは一斉に報じた。 ディスプレイじゃなくてPCBで使うと言う事ですね. または. 73 ID:7pSmnz7R0 本当にできたなら良かったじゃん。 今回も成功するだろう。

7
ちなみに、日本は12ナインが普通に作れる。

韓国がフッ化水素の国産化に成功、日本依存脱却へ=韓国ネット歓喜

国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ 国産 水素 化 化 フッ

韓国の産業通商資源省は2日、日本政府が昨年7月に輸出規制を強化した「フッ化水素」について、韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立したと発表した。

18