アセトアニリド 合成。 アセトアニリドの合成

アニリンと無水酢酸からアセトアニリドの合成と再結晶法による精製について

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

アセトアニリドの理論収量は、 3. ここで質問なのですが、 アニリンに対するアセトアニリド. チオ硫酸ナトリウムは吸湿性(潮解性)あるので秤量中に空気中の水分を吸い正確な秤量ができません。 塩酸はアニリンを塩酸塩として水に溶かすために加え、酢酸ナトリウム水溶液はアニリンを遊離させて無水酢酸への求核反応を可能にさせるために加えたと思われる。 9 析出した結晶をろ過して取り出す。

反応開始にアニリン塩酸塩ではなくアニリンを使用した場合は酢酸ナトリウムは不要です。 不純物があれば融点は低くなることが多い。

なぜ酢酸ナトリウム?

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

また、このとき赤三角同士がくっついた物質が これを アセトアニリドと言います。 すなわち、塩酸を加えるのは「アニリンを水に可溶化するため」でしょう。

3
2 エチレン 分子量28 140g からエタノール 分子量46 が46g 得られたときの収率を求めよ。

今度実習でアニリンと無水酢酸でアセトアニリドを合成します。理論...

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

ちなみに、再結晶を行っていって、最終的には白色の結晶を生成することができました。 不思議な色ですね。

これは,この反応が平衡反応である事を利用し,生じる水を何らかの方法で除く(ディ-ン・スタ-クと呼ばれる器具を使用したり,脱水剤を共存させたりします)事で,平衡を生成物側にずらして目的物を得られるからです。 あるいは、アミノ基がアシル化されたためかもしれませんが。

今度実習でアニリンと無水酢酸でアセトアニリドを合成します。理論...

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

2の方が書かれているように、再結晶条件を検討すべきでしょう。 その時にステンレスを傷める可能性もあります。

そう、これは、 『エステル化やん!!!』 そう、反応の仕方は全くエステル化と同じなんです。

アセトアニリドの合成実験

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

アンチヘブリンという名称でかつてとして用いられていた。 実験をしたのですが、 教授の話によるとこの結晶が白い方が収率が良くなり、淡桃色だと収率が悪くなるとのことでした。 また、気圧が低かったのかもしれない。

10
お分かりですよね,酸塩基反応が起こって,アニリン酢酸塩が出来ます。

再結晶の収率の計算ってどうやるの?

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

何故なら、アニリンと水が反応してしまうから。

6
しっかりと化学反応式を見て量的関係を確認しましょう。 逆に20 g分は溶液に溶けてしまうので、いくら待っても結晶は得られません。

今度実習でアニリンと無水酢酸でアセトアニリドを合成します。理論...

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

アニリンなどのアミン類が求核性を示すのは、窒素上の孤立電子対が原因です。 性質 [ ] 熱水に溶ける。 よくあるのは、溶媒の乾燥不足です。

これが収量を半分以下に落としてしまった原因ではないかと考える。

アセトアニリドのアミド化による合成法を暗記0にする方法!

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

4ではない。

4
3.溶液を吸引ろ過し、さらに400mlの水で再結晶をした。